Fashion Journal from Tokyo and the World

by Yoko Kondo and Fashion addicts.
Bilingual Fashion 2.0 mood board from Tokyo and the World, created in the middle of the night from the scraps of our lives.

YOKO Kondo / 近藤陽子(Founder & Editor in chief)
FASHION JOURNALIST & WEB DIRECTOR
FASHION CONSULTANT
Yoko used to work with ELLE ONLINE, GLAMOROUS and was selected a part of KATE MOSS for Longchamp world bloggers in 2011.
Based in Tokyo, every season goes to fashionweek in Paris, NY, London, Milan and many other destinations.
Loves eccentric fashion, traveling all over the world, and exchanging views with creative people.

http://instagram.com/yoko_kondo_thestyleinsight

☆CONTACT☆
情報掲載に関する詳細・お問い合わせはこちら

http://the-styleinsight.com/contact

yoko@the-styleinsight.com
yokococo5118@gmail.com



(C)2012 - 2014 The STYLE INSIGHT. All Rights Reserved.

Fabulous daily fashion life!

Loading...

    More - Instagram

    原宿の若者は、ファーストフードなあれがお好き? モスキーノ、ポップアップショップを期間限定オープン
Tokyo Young People Are Crazy About MOSCHINO Pop Up Shop Open at Laforet Harajuku

 
ジェレミー・スコットが手がけるようになってから、あっという間に若者のイット・ブランドへと変貌した「モスキーノ」。
ただいま、ラフォーレ原宿に期間限定ポップアップショップが登場中!
詳細はこちら。
http://the-styleinsight.com/post/95365415770

 

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    原宿の若者は、ファーストフードなあれがお好き? モスキーノ、ポップアップショップを期間限定オープン

    Tokyo Young People Are Crazy About MOSCHINO Pop Up Shop Open at Laforet Harajuku

     

    ジェレミー・スコットが手がけるようになってから、あっという間に若者のイット・ブランドへと変貌した「モスキーノ」。

    ただいま、ラフォーレ原宿に期間限定ポップアップショップが登場中!

    詳細はこちら。

    http://the-styleinsight.com/post/95365415770

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Thursday, August 21st 2014, by My Worldwide Fashion Story

    Tokyo Young People Are Crazy About MOSCHINO Pop Up Shop Open at Laforet Harajuku

    以前、『The STYLE INSIGHT』でもコレクションレポートをしたジェレミー・スコットによる新星「MOSCHINO(モスキーノ)」

    その2014-15年秋冬コレクションを機に、このブランドは一気にストリートの信奉者を増やし、いま最も気になるブランドのひとつになった。

    そして、次の熱波はラフォーレ原宿へ。

    8月31日まで期間限定で登場したポップアップショップに、早くもあの“やってくれちゃった感”満載の新作を手に入れねば!とファンが駆け寄っている。

     

     

     

     

    ラフォーレ原宿1F、入口から右に迂回すると見えてくるこのショップ。

    嫌が上でも目に飛び込んでくるのは、もはや一世風靡(死語?)したといってもいい、あのファーストフードにインスパイアされたコレクション。

    ここにはTシャツにニット、バッグ、アクセサリー、そしてすでに街でもよく見かけるiPhoneケースなどがラインナップしている。

    赤と黄色のど派手な組み合わせ、そしてパロディにしてはそれが容易に何なのか想像ができる「M」のマーク。

    もはや記号化したアメリカの象徴を、ユーモアたっぷりにファッションにしてしまうジェレミーのセンスってやっぱり面白い!

    (最新時事ネタとしては、モスクワのマクド●●●4店が一時閉店→衛生法規違反っていってるけど本当はウクライナ問題でアメリカに報復してるんじゃないの?的な見方も。どうなることやら?)

    ちなみに、9月1日にはジェレミーがディレクションする「LOVE MOSCHINO(ラブ モスキーノ)」日本第1店がオープンする。

    こちらでは、2015年春夏シーズンの“ファイヤーフレーム”や“チャーミー”シリーズなどのポップでインパクトのあるアイテムを一部世界先行発売するそうでそちらも見逃せない!

      

     

     

     

     

     

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Thursday, August 21st 2014, by My Worldwide Fashion Story

    草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展 〜ベンジャミン・リーが撮る、草間彌生宇宙〜
Yayoi Kusama Photo Exhibition by Benjamin Lee 

  
草間彌生はやっぱりすごい、芸術の塊!
そしてベンジャミン・リー先生の人間味、発想力、草間彌生がトランプのクイーンに変身したプリントのシルクスクリーンも。
9月6日まで開催中の「草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展 〜ベンジャミン・リーが撮る、草間彌生宇宙〜」に『The STYLE INSIGHT』編集長・近藤陽子がお邪魔してきました。
レポートはこちら!
↓
http://the-styleinsight.com/post/93674825900

 

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展 〜ベンジャミン・リーが撮る、草間彌生宇宙〜

    Yayoi Kusama Photo Exhibition by Benjamin Lee 

      

    草間彌生はやっぱりすごい、芸術の塊!

    そしてベンジャミン・リー先生の人間味、発想力、草間彌生がトランプのクイーンに変身したプリントのシルクスクリーンも。

    9月6日まで開催中の「草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展 〜ベンジャミン・リーが撮る、草間彌生宇宙〜」に『The STYLE INSIGHT』編集長・近藤陽子がお邪魔してきました。

    レポートはこちら!

    http://the-styleinsight.com/post/93674825900

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    Posted on Sunday, August 3rd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    Yayoi Kusama Photo Exhibition by Benjamin Lee 草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展 〜ベンジャミン・リーが撮る、草間彌生宇宙〜

    この夏、これまでにないほどあなた自身の感性を揺さぶりたいなら、表参道GYREにて開催中の『草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展〜ベンジャミン・リーが撮る、草間彌生宇宙〜』に行くのがおすすめだ。

    ここでは世界中のアーティスト、文化人、クリエーター、セレブリティのポートレートを撮り続けてきた写真家、Benjamin Lee(ベンジャミン・リー)による、20世紀最大の現代美術作家の一人・草間彌生を追い続けた3年間の軌跡が展示されている。

      

    image

      

    image

     

    image

     

    『The STYLE INSIGHT』編集長・近藤陽子が訪れたのはちょうど開催日初日、オープニングレセプションが開かれた夜のことだった。

    ファッションジャーナリスト・生駒芳子さんから届いた一通の葉書を見た瞬間、これは行かねば、と思ったのがきっかけだった。

    そこに理由なんてものは存在しない。

    ただあるのは、すべての事象を見尽くしたようなあの眼を持つ草間彌生への畏敬の念、いまだ感じたことがない何かを知ることがあるのでは、と思う直感だけだった。

     

    image

     

    image

     

    ベンジャミン・リーのことは、ふんわりした感触ながら昔から知っていた。

    どこだったか、東京だとファッションショーや何かのパーティで見かけたことがある。

    いつもハンチングを逆さにかぶり、身体によくなじんだちょっとオーバー気味の服を全身ホワイトでまとめているから印象に残っていたのだ。

    今回のレセプションでは話す機会もあり、彼が草間彌生をパリ、ロンドン、香港、ニューヨーク、東京、大阪、長野と場所を移しながらカメラに収めたこと、彼自身これまでに世界中のアーティスト、文化人、クリエーター、セレブリティのポートレートを撮り続けてきたこと、雑誌『Pen』でこの4年間撮り続けた世界のトップアーティスト、クリエイターのポートレート書籍を9月に刊行すること(これが錚々たるメンバー!)などを端的に教えてもらった。

      

    image

      

    image

      

    image

     

    それにしても、草間彌生に対してはすでに言い古された凡庸な言葉だが、なんという芸術の塊!

    動き出したら止まらない、好きで好きでしかたがない、芸術への愛が驚嘆すべき創造力となって激震している。

    特にこの写真展では、おなじみの水玉モチーフもさることながら、草間彌生をトランプのクイーンに見立て、さまざまな色彩のバリエーションでプリントしたシルクスクリーンの作品が心に突き刺さった。

    また、約20年前だという彼女の姿を映し出したポートレート(すでにアート界の寵児ではあるが、そこから現在にいたる過程で尋常ではない眼差しに凄みが増していくことを再確認した瞬間)も印象的だった。

      

    image

     

    image

     

    image

     

    そしてベンジャミン・リー自身もトロント、ロンドン、東京とベースを移しながら、ファッション、アート、建築、政治経済といったさまざまな分野のリーダーである著名人を撮影し、英国デザインアート・ディレクション賞を2度受賞する生粋のアーティスト。

    そんな彼のフィルターを通して映し出された草間彌生の姿は、近寄りがたいというよりもどこか柔和なオーラがあって、そこにはベンジャミンならではの人間への探究心、懐深い愛情があるのだと感じた。

    期間は、8月1日〜9月6日まで。

    草間彌生とベンジャミン・リーによる、情熱的な表現活動の現場をぜひ目に焼き付けてみてほしい。

      

    image

     

    image

     

    image

     

    image

     

    ●草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展 〜ベンジャミン・リーが撮る、草間彌生宇宙〜

    会期:2014年8月1日(金)~9月6日(土)

    会場:EYE OF GYRE/GYRE 3F

    住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1

    Tel:03-3498-6990

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    Posted on Sunday, August 3rd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    あの有名人も? 華やかなりしアレキサンダー・マックイーンのパーティ現場にフラッシュバック
Sarah Burton Celebrates the Opening of Alexander McQueen’s Aoyama Flagship Store & Japanese Celebrity Snaps

 
いまだ記憶に新しい、アレキサンダー・マックイーン 青山店のオープニングパーティ。
サラ・バートンがホストを務める中、日本代表トップモデルのTAOや松岡モナをはじめ、蜷川実花やEXILE(本当は小室哲哉も)など、日本のセレブが集まった華やかなりしパーティ模様にフラッシュバック!
セレブスナップはこちらからチェックしてみよう!
↓
http://the-styleinsight.com/post/93653228920

  

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    あの有名人も? 華やかなりしアレキサンダー・マックイーンのパーティ現場にフラッシュバック

    Sarah Burton Celebrates the Opening of Alexander McQueen’s Aoyama Flagship Store & Japanese Celebrity Snaps

     

    いまだ記憶に新しい、アレキサンダー・マックイーン 青山店のオープニングパーティ。

    サラ・バートンがホストを務める中、日本代表トップモデルのTAOや松岡モナをはじめ、蜷川実花やEXILE(本当は小室哲哉も)など、日本のセレブが集まった華やかなりしパーティ模様にフラッシュバック!

    セレブスナップはこちらからチェックしてみよう!

    http://the-styleinsight.com/post/93653228920

      

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    Posted on Sunday, August 3rd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    Sarah Burton Celebrates the Opening of Alexander McQueen’s Aoyama Flagship Store & Japanese Celebrity Snaps

    先月末、「Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)」の国内初となる青山・フラッグシップストアオープンを記念し、クリエイティブ・ディレクターのSarah Burton(サラ・バートン)が来日。

    彼女をホストとしたパーティが開催され、ファッションプレス関係者にセレブリティ、文化人、著名人など数多くの人が足を運んでいた。

    銀座に本店を構える老舗料亭、金田中によるケータリングサービスや、シャンパン、スパークリング日本酒などが振舞われる中、最近の東京パーティに比べるとワンランク上で、ハイソサエティなムードが漂っていた「Alexander McQueen」の店内。

    シンセサイザーなどアナログインストルメンタルを駆使したライブもあり、終始落ち着いた品格のある雰囲気でドレスアップした業界人たちが束の間の談笑を楽しんでいた。

    「Alexander McQueen」のコレクションにとってもたびたびインスピレーションソースになるほど大事な要素、“自然”というテーマを2フロア構成のストアウィンドウいっぱいに飾った柿崎順一氏によるボタニカルアートも圧巻。

    そんなダイナミックかつ優雅な時間が流れる中集まった日本のセレブリティたちをここではご紹介。

    今も記憶に新しいパーティの余韻にしばし酔いしれてみて。

     

    image

    SARAH BURTON

       

    image

    TAO & SOJOURNER MORRELL

      

    image

      

    image

    MONA MATSUOKA

      

    image

    MADEMOISELLE YULIA

      

    image

       

    image

      

    image

    EMI RENATA & SARAH BURTON & KOuKA

     

    image

    ALAN SHIRAHAMA - EXILE

      

    image

    MIKA NINAGAWA

      

    image

      

    image

      

    image

    AYANA MIYAMOTO

      

    image

    KOZUE AKIMOTO

    image

      

    image

      

    image

    EMI KURODA

      

    image

    YUTA NAKANO  

     

    image

     

    image

     

    image

    MAYUMI SADA

     

    image

    HIROYUKI IKEUCHI

      

    image

     

    image

      

    ●アレキサンダー・マックイーン 青山店
    住所:東京都港区南青山5-1-3 TS青山ビル
    Tel: 03-6861-0910

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

     

     

    Posted on Sunday, August 3rd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    ベルリンファッションの背景にある、カルチャーの重要性とは?
Important Culture Scene in the Background of Berlin Fashion

ベルリンのファッションがいま、面白い。
その背景には、この都市ならではのカルチャーが強く影響しているのかもしれない。
そんな様子を、現地特派員が直接レポート。
ランウェイだけじゃない、ドイツならではのファッションウィークをチェックしてみよう。
レポートはこちら!
↓   
http://the-styleinsight.com/post/93586323060

   

Text / Kana Miyazawa
Photos  & Translation / Yuka Saga

    ベルリンファッションの背景にある、カルチャーの重要性とは?

    Important Culture Scene in the Background of Berlin Fashion

    ベルリンのファッションがいま、面白い。

    その背景には、この都市ならではのカルチャーが強く影響しているのかもしれない。

    そんな様子を、現地特派員が直接レポート。

    ランウェイだけじゃない、ドイツならではのファッションウィークをチェックしてみよう。

    レポートはこちら!

    ↓   

    http://the-styleinsight.com/post/93586323060

       

    Text / Kana Miyazawa

    Photos  & Translation / Yuka Saga

    Posted on Saturday, August 2nd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    Important Culture Scene in the Background of Berlin Fashion

    パリやミラノ、ロンドンなどの圧倒的なファッションイメージを強く持ち、それに匹敵するマーケットを持っている他のヨーロッパ都市ほどメジャーではないが、ドイツの首都であるベルリンにおいても、ベンツやBMWなどのいわゆるドイツの国産車をスポンサーに、長年に渡り、ファッションウィークが開催されている。

    その中でも、ファッションウィーク最大規模を誇るのが「BREAD&BUTTER」だ。

      

    image

      

    テンペルホーフ空港跡地全スペースを会場にしているとあって、見たこともないビッグスケールと出展数。

    そして、何よりステージや各ブースの豪華な作りに驚かされた。

    他のヨーロッパ都市でもここまで大規模な展示会場はなかなかない。

    建物でも公園でも何でも広大なベルリンならではなのかもしれないが、訪れたアパレル関係者へ印象付けるには最適なアプローチだと感じた。

      

    image

      

    image

      

     

    出展ブランドの多くは大手メーカーである。

    日本でも大々的に展開されている「New Balance」や「Havaianas」などのメジャーブランドから見たことも聞いたこともない、おそらくEUオンリーのブランドまで、ありとあらゆるブランド、メーカーがここには集結している。

    大きなブースを構えていた「DRYKORN」などのデニムブランドも豊富なことからテイストはカジュアルゾーンにカテゴライズされるものがほとんどだったが、あまりのブースの豪華さにメゾンではないかと勘違いするほどのところもあった。

      

    image

      

    image

      

    image

      

    image

     

    日本でも大胆なプロモーションが話題のスペイン発ブランド「Desigual」のブースでは、シャンパンにフルーツを振る舞ってくれたかと思えば、アサリのタパスまで出てきた。

    ブース内にキッチンまで用意するとは、もはや洋服を売るのが目的なのか分からなくなるほど。

    他にもDJブースを設置し、まるでパーティーを開催しているかのような「FILA」やブース内に自社専用のバーを構えているところも多く、驚くことばかり。

      

    image

      

    image

      

    image

     

    さらに、オープンエリアには、ヤシの木やトタンや材木で作られたカラフルなハウスや、プールなどまさに南国をイメージした本格的なリゾートを作り出し、音楽フェスティバル級の屋外ステージが設置されていた。

    会場前に用意されていた展示会場間を運搬するVIPカーも「MAZDA」だったことには驚いたが、近年では、車大国ドイツにおいて日本車が人気を得ていると聞いていたこともあり納得。

    オープンエリアに設置された「MAZDA」のラグジュアリースペースもとても洗練されていて、ドイツ車に負けない高級感を漂わせていた。

    まるで、テンペルホーフ空港跡地がひとつの新しい街となって、誕生したような空間だった。

      

    image

      

    image

     

    さらには、プレスパスを付けて取材に行っていたのだが、現地メディアに逆に取材をされるという貴重な経験も。

    「BREAD&BUTTER」には毎年1月と7月に年2回開催されていたが、来年の2015年からは、1月にはバルセロナ、9月にはソウルで開催とのことで、ベルリンでは7月のみの開催となる。

       

    image

     

    ファッションウィーク中はメイン会場だけでなく、街中のあちこちで関連イベントが行われている。

    平日でも眠らない街として知られるWarschauerStr.にあるデザインホテル”Michelberger Hotel”では、”GONE TROPIKAL”というイベントが2日間に渡り開催されていた。

    こじんまりとはしているが、スタイリッシュな内装やホテル内のバーやレストランがデザイン性もサービスも高く、人気の有名ホテルだ。

    普段からファッション感度の高い人たちが集まるホテルとして知られるだけあって、ファッションウィークは通常以上におしゃれな人で溢れかえっていた。

    イベント会場となった中庭全体は、空を彩るようにカラフルなフラッグで覆われ、地ビールが飲めるバーやPOP UP SHOP、ゲストアーティストによるライブパフォーマンスが行われた。

      

    image

      

    image

      

    image

      

    image

      

    image

      

    image

      

    image

     

    こちらは、ベルリン在住の2人のデザイナーが手掛けているブランド「PATSYPILLYLINDALINE」のエキシビジョン。

    アートを融合させたインスタレーション形式でコレクションを発表しており、シフォンやレースなどを使用したガーリーなテイストでありながら、絵画やグラフィックからインスパイアされたシュールで大胆なデザインが特徴的だった。

    アートや音楽などサブカルチャーを背景に持つブランドが多いのがベルリンファッションの特徴のひとつと言えるが、レディースブランドにおいても表面だけでなく、極めたコンセプトやメッセージが感じられ、デザイナーというよりアーティスト的発想に近いのだと感じた。

      

    image

      

    image

      

    image

      

     

    ベルリンファッションウィークでは、他にも「PREMIUM」、新進気鋭ブランドが多く出展されている「SEEK」など注目の展示会が開催されていたが、今回紹介してきたブランドも含め、カルチャー要素の強いブランドが今後も増えていくのではないかと感じた。

    そこには、“KUNST”と呼ばれるドイツ語でアートの意味を指すギャラリーがブランドショップ以上に街中に立ち並び、タクシーに名前を告げるだけで連れていってもらえる有数のクラブが数多く存在し、それらは街に溶け込み、大事な”文化”とされているからではないだろうか。

    ベルリンにおいて、”COOL”とされる物や人物は全てカルチャーの最先端から発信されているのだ。

      

    Text / Kana Miyazawa

    Photos  & Translation / Yuka Saga

    Posted on Saturday, August 2nd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    テンション高すぎ!? ロンドンの人気アクセサリーブランド、タティ デヴァインが企画したロンドンバスツアー!

    Tatty Devine Fun Time London Bus Tour & Pop Up Shop at Laforet Harajuku

       

    2人のポップでキュートなイギリス人女性が1999年に立ち上げたアクセサリーブランド、「Tatty Devine(タティ デヴァイン)」。

    デビューするやすぐに『VOGUE』で紹介されたり、ロンドンコレやパリコレでも展示会を開催するなどワールドワイドに活躍中で、今年はめでたくブランド創立15周年!

    というわけで、デザイナーの一人、ハリエットが東京にやってきた!

    ラフォーレ原宿のポップアップショップと共に、彼女が企画したロンドンバスツアー&ワークショップも大盛況。

    詳しくはこちらからチェックしてみて。

    http://the-styleinsight.com/post/93583584025

      

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    Posted on Saturday, August 2nd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    Tatty Devine Fun Time London Bus Tour & Pop Up Shop at Laforet Harajuku

    「ハ〜イみんな、10分前にはラフォーレ原宿前に集合してね!」

      

    そしてそこから移動すること約1分、明治通りに突如現れた“キンキン! シュワシュワ! コカ・コーラ!”のど派手なバス広告。

    これは一体なんぞや!?と思うことなかれ、これこそこの日のハイライト、「Tatty Devine(タティ デヴァイン)」がプロデュースするとっておきのロンドンバスツアー、約1時間かけて都内を駆け巡るドリンクパーティの始まりだった。

    しかも、キュートなワークショップ付き!

      

    image

      

    「タティ デヴァイン」は、ロンドンっ子に大人気のアクセサリーブランド。

    めでたく今年ブランド創立15周年を迎え、ちょうど7月30日〜8月10日までラフォーレ原宿でポップアップショップをオープンしている。

    アクリルなどの素材を使ったアクセサリーはハンドメイドで作られているのがポイントで、恐竜に鳥の羽、フリーダ・カーロの顔にオードリー・ヘップバーンの名前を象ったものまで、アイキャッチーなデザインモチーフが洋服のアクセントにもぴったり。

      

    image

       

    image

     

    image

        

    image

     

    デザイナーは、Harriet VineとRosie Wolfendeuという2人のイギリス人女性。

    そして15周年記念にあわせ、ハリエット先生が東京にやってきた。

    (ロージー先生はママになったばかりなので残念ながらお留守番とのこと)

    で、バイヤーやプレスのみなさまにご挨拶も兼ねて、今回お楽しみ盛りだくさんのロンドンバスツアーを企画してくれたというわけ!

      

    image

      

    image

     

    いざバスの中に入るやいなや(いや、入る前から?)、みんなテンションかなり高めでまるで遠足気分。

    ただ、子ども時代と違うところはもれなくビールがついてくるところ。

    そしていざ、逆三角形の赤、青、白のアクリルパーツを繋いでネックレス作りにトライすることになった。

    ハリエット先生も、ゆらゆら(時にアクロバティックに?)バスに揺られながらもワークショップのレクチャーに一生懸命!

    が、初心者組は観光気分を味わう余裕など皆無、とにかくパーツとパーツを繋げるのに必死で、一体都内のどこをロンドンバスは走っていたのだか。。一時期外は雷雨に見舞われていたのにかすかに気づいたくらい(笑)。

    唯一、東京タワーの前での記念撮影がほっこりした夏の夜に浸れる癒しの瞬間だった!?

       

    image

     

    image

     

    たった1時間とはいえ、モノ作りに没頭する楽しさを感じたこのロンドンバスツアー。

    ハンドメイドの温もり、自分の手でできあがったアクセサリーへの愛着、そして終始テンション高めなハリエット先生の人柄……すべてがあっという間だったけど、ちょっと非日常的な気分も味わえて良い思い出となった。

    席が隣だった「フェルメリスト ビームス」のスーパーディレクター、犬塚朋子さんもとてもステキでかなりタイプなノリ(笑)

     

    image

     

    ラフォーレ原宿のポップアップショップでは、チャームの文字や色、フォントをカスタマイズすることができる“ネーム ネックレス”やアーカイブの復刻版なども販売しているそう。

    期間中はハリエット先生もショップに足を運ぶそうなので、もしかしたら直接アクセサリーの楽しみ方を教えてもらえるチャンスがあるかも?

      

    image

      

    image

     

    image

      

    ●Tatty Devine Pop Up Shop

    期間:7月30日〜8月10日  ※8月4日(月)、8月5日(火)は休館

    場所:ラフォーレ原宿 1F エントランススペース

    問い合わせ先:ラフォーレ原宿 03-3475-0411(代表)

       

      

      

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

      

    Posted on Saturday, August 2nd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    西山茉希、SNS以外でベイビー初公開? サムスンの新タブレットお披露目パーティ

    SAMSUNG : “GALAXY Tab S” JAPAN PREMIERE LAUNCH PARTY at Tokyo American Club

     

    フラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンが会場演出。

    詳しくはこちら。

    http://the-styleinsight.com/post/93569954565

       

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Saturday, August 2nd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    SAMSUNG : “GALAXY Tab S” JAPAN PREMIERE LAUNCH PARTY at Tokyo American Club

    もはや私たちのライフスタイルに欠かせない、スマホやタブレットといったデジタルツール。

    なかでも最近驚いたのが、SAMSUNG ELECTRONICS JAPANが開発したGALAXY シリーズのタブレット、その中でも初のフラッグシップモデルである“GALAXY Tab S”だ。

    その製品説明や今後の販売戦略が先日東京アメリカンクラブでパーティ形式で発表され、『The STYLE INSIGHT』も潜入してみた。

      

    image

       

    image

         

    image

     

    女性なら機能云々の前にまず見た目、なんてこともなきにしもあらず、というわけで最初に目についたのが、その圧倒的な色の鮮やかさ。

    「特にグリーンの色に注目してください。自然の木々なんて本物よりダイナイックなくらいですよ」と説明を受けながら画面をタップすること数分間。

    いやいや、自然に限らず宝石から建物、アニマルまで画面に映るすべてがもはや大胆不敵、すーっと惹き込まれてしまう色のコントラストにびっくりしてしまう。

    なんでも今回、スーパー有機ELというディスプレイを搭載していて、今までだったらAdobe RGBの約70%程度しか表現できなかった色の再現力が、この“GALAXY Tab S”だと1.3倍バワーアップして広色域を実現しているのだそう。

    しかも、従来の液晶ディスプレイと比較すると、コントラスト比 は100倍!

    従来では再現できなかった濃いエメラルドグリーンの色域まで、これでもかというくらい美しく映し出している。

       

    image

      

    image

      

    image

     

    そして、パーティ会場でひときわ印象的だったもうひとつのサプライズが、約10mに及ぶ壮大なフラワーウォール。

    記者会見のテーブルひとつひとつにも、センスの良さがにじみ出る花々が咲き乱れ、“GALAXY Tab S”が持つ色彩美を表現していた。

    このビジュアルアドバイザーを務めたのがみなさますでにご存知、フラワーアーティストとしてあまりにも有名なニコライ・バーグマン。

    ニコライも実際2週間このタブレットを使ってみたそうで、気に入ったポイントは?というと、大画面なのに極限まで薄くて軽いプレミアムデザイン、とのこと。

    月に1度は海外出張へ出かける彼にとって、プレゼン用にも使える“GALAXY Tab S”はかなりマストハブのはずだ。

    それに重さは8.4インチ(約294g)と10.5インチ(約465g)とどちらもほんとに軽いので、普段荷物の多い女性にもぴったり!?

       

    image

      

    image

     

    それからシークレット、として当日明かされたスペシャルゲストがモデルの西山茉希。

    タブレットは初体験、という彼女。

    その体験の結果はというととにかく画面のキレイさに感激で、早速携帯から“GALAXY Tab S”に写真データを移行してみたという。

    しかも、会場で“ど”プライベートな写真(カレーライス、納豆にかかった双子のたまごなど、上手にできたと思いつつも地味にひとりキッチンで撮影したものなので、まさかこんな会場でみなさんにお披露目してしまうとは、、とは本人の弁)も公開し、そこには昨年誕生したばかりの女の子の愛くるしい姿もあった。

      

    image

      

    image

        

    このタブレット、 すでにGALAXY SHOPでは先行展示を行っていたものの、本格的に8月1日から発売をスタート。

    アプリをたくさん起動しても流れるような操作感を実現する、日本初のオタクコアCPUを搭載している他、すでにGALAXY シリーズではおなじみのマルチウィンドウ機能が入っていたり、登録したスマホを“GALAXY Tab S”の画面上に表示させ、タブレット上からスマホの操作を可能にすることでデータ間の移行もドラッグ&ドロップで済ませたり、スマホの着信をタブレットで受信してそのまま通話するなど、ハイスペックな機能がいろいろあるので、ガジェット好きの女子でなくても一度はお試ししてみるのもいいのでは?

      

      

      

       

      

       

        

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

      

    Posted on Saturday, August 2nd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    クロエの恋する香り、ラブストーリーは忘れがたい誘惑のエッセンス

    Chloé “LOVE STORY” Eau de Parfum Launch Party in Tokyo

    9月10日に発売予定の「クロエ」の新フレグランス“LOVE STORY”。

    パリに続き、東京でも開催されたパーティレポートがこちら。 

    http://the-styleinsight.com/post/93509907115

      

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Saturday, August 2nd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    Chloé “LOVE STORY” Eau de Parfum Launch Party in Tokyo

    パリの夜、きらめくライトとミュージック、人々の喧噪。そして、彼女。

      

    そんなロマンティックなフレーズがぴったりの恋するフレグランス、“LOVE STORY”が「Chloé(クロエ)」から9月10日に全国発売。

    女性なら一度は経験があるか、はたまた一度は体験してみたいと思う、香りから生まれる恋の予感。

    そんなちょっと甘酸っぱい気分になれるフレグランスのローンチを祝い、先日東京ミッドタウンガーデンテラスにあるボタニカでパーティが開催された。

       

    image

      

    image

        

    この“LOVE STORY”の筋書きは、例えばこんな感じ。

    知り合ったばかりの男女が心通わせ、会場を抜け出して一緒に食事をし、語らいながら楽しい時を一緒に過ごす。

    そしてパリ・ポンテザールの下に停泊する船で暮らす男の家に到着するも、扉を開けた途端に彼女は姿を消してしまう。

    余韻として空気に漂っているのは、ネロリのさわやかさ、オレンジブロッサムの官能性、そしてマダガスカルジャスミンのフェミニンさが魅力の“LOVE STORY”……それだけを残して彼女はどこかへ行ってしまった。

    なぜなら、彼女は自由だから。

    「クロエ」が提案するこのフレグランスが似合うのは、それこそ主演を演じるクレメンス・ポエジーのようにフレッシュでセクシー、そして前述の自由を愛する女性、ということらしい。

    フレグランスが忘れがたい誘惑のエッセンスとなって、街も夜もまるで彼らのものと言わんばかりのムードいっぱいのイメージフィルムは、見ているだけでこちらの妄想が加速しそうなものだったが、実際パーティ会場にはポンテザールに2000個以上はあると言われる“愛の南京錠”を模したオブジェもあって、東京の夜景を眺めながらもさながらパリにいるような錯覚さえ覚えるものがあった。

      

    image

      

    image

      

    image

       

    image

     

    image

     

    フレグランス自体も南京錠(パドロック)をイメージしたもので、他にプリーツを寄せたガラスのボトルや横にさりげなく結んだリボンも「クロエ」のアティテュードを表現したもの。

    一晩の心の触れ合いから、男に追わせる、または縁があったらまた会いましょうとでも言うように男を待たせる女の恋の駆け引き。

    香りをひとさじ纏うだけで恋する気分になれるこの“LOVE STORY”は、新しい歓びを手に入れるためにマストなフレグランスでもある。

      

    image

     

    image

     

    image

     

    image

     

     

    ●Chloé “LOVE STORY” Eau de Parfum

    ■クロエ ラブストーリー オードパルファム
    価格:(30ml)¥7,900円、(50ml)¥10,500、(75ml)¥13,500

    ■クロエ ラブストーリー シャワージェル
    価格:(200ml)¥5,600

    ■クロエ ラブストーリー ボディローション
    価格:(200ml)¥6,600

    発売日:2014年9月10日

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Saturday, August 2nd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    スタイルインサイト創設者&編集長、近藤陽子 BSフジ『ジャパコンTV』出演情報
Founder at The STYLE INSIGHT YOKO KONDO on BS FUJI ジャパコンTV on August 1st
   

『The STYLE INSIGHT』の創設者&編集長の近藤陽子が、日本のコンテンツビジネス最前線を追うBSフジのTV番組『ジャパコンTV』に出演!
オンエアは、8月1日(金)24:00〜24:55。

  



 
出演するのは、今回番組内でトピックスとして扱われる「日本のファッションECサイトの最前線」というコーナー。
ファッションジャーナリストという観点から、客観的な目線で見た日本のファッションECサイトについてコメントする。
なかでも、近藤陽子自身がビジネスでも付き合いのあるファッションアプリ「iQON」とラグジュアリーECサイト「MyGOD」は、売上も順調で今後ますます飛躍する企業として注目だ。
『ジャパコンTV』自体は、ファッションに限らずアニメや小説など、日本発のさまざまなコンテンツをわかりやすいビジネス目線で切り取る番組として知られる。
日本コンテンツで海外ビジネスを考えている方にとっても、この番組は参考になるのでぜひご覧いただきたい。

 
●The STYLE INSIGHT CONTACT
Mail:yoko@the-styleinsight.com
Tel:03-6869-9307
Fax:03-6893-3931

    スタイルインサイト創設者&編集長、近藤陽子 BSフジ『ジャパコンTV』出演情報

    Founder at The STYLE INSIGHT YOKO KONDO on BS FUJI ジャパコンTV on August 1st

       

    『The STYLE INSIGHT』の創設者&編集長の近藤陽子が、日本のコンテンツビジネス最前線を追うBSフジのTV番組『ジャパコンTV』に出演!

    オンエアは、8月1日(金)24:00〜24:55。

      

     

    出演するのは、今回番組内でトピックスとして扱われる「日本のファッションECサイトの最前線」というコーナー。

    ファッションジャーナリストという観点から、客観的な目線で見た日本のファッションECサイトについてコメントする。

    なかでも、近藤陽子自身がビジネスでも付き合いのあるファッションアプリ「iQON」とラグジュアリーECサイト「MyGOD」は、売上も順調で今後ますます飛躍する企業として注目だ。

    『ジャパコンTV』自体は、ファッションに限らずアニメや小説など、日本発のさまざまなコンテンツをわかりやすいビジネス目線で切り取る番組として知られる。

    日本コンテンツで海外ビジネスを考えている方にとっても、この番組は参考になるのでぜひご覧いただきたい。

     

    ●The STYLE INSIGHT CONTACT

    Mail:yoko@the-styleinsight.com

    Tel:03-6869-9307

    Fax:03-6893-3931

    Posted on Thursday, July 31st 2014, by My Worldwide Fashion Story