Fashion Journal from Tokyo and the World

by Yoko Kondo and Fashion addicts.
Bilingual Fashion 2.0 mood board from Tokyo and the World, created in the middle of the night from the scraps of our lives.

YOKO Kondo / 近藤陽子(Founder & Editor in chief)
FASHION JOURNALIST & WEB DIRECTOR
FASHION CONSULTANT
Yoko used to work with ELLE ONLINE, GLAMOROUS and was selected a part of KATE MOSS for Longchamp world bloggers in 2011.
Based in Tokyo, every season goes to fashionweek in Paris, NY, London, Milan and many other destinations.
Loves eccentric fashion, traveling all over the world, and exchanging views with creative people.

http://instagram.com/yoko_kondo_thestyleinsight

☆CONTACT☆
情報掲載に関する詳細・お問い合わせはこちら

http://the-styleinsight.com/contact

yoko@the-styleinsight.com
yokococo5118@gmail.com



(C)2012 - 2014 The STYLE INSIGHT. All Rights Reserved.

Fabulous daily fashion life!

Loading...

    More - Instagram

    スタイルインサイト創設者&編集長、近藤陽子 BSフジ『ジャパコンTV』出演情報
Founder at The STYLE INSIGHT YOKO KONDO on BS FUJI ジャパコンTV on August 1st
   

『The STYLE INSIGHT』の創設者&編集長の近藤陽子が、日本のコンテンツビジネス最前線を追うBSフジのTV番組『ジャパコンTV』に出演!
オンエアは、8月1日(金)24:00〜24:55。

  



 
出演するのは、今回番組内でトピックスとして扱われる「日本のファッションECサイトの最前線」というコーナー。
ファッションジャーナリストという観点から、客観的な目線で見た日本のファッションECサイトについてコメントする。
なかでも、近藤陽子自身がビジネスでも付き合いのあるファッションアプリ「iQON」とラグジュアリーECサイト「MyGOD」は、売上も順調で今後ますます飛躍する企業として注目だ。
『ジャパコンTV』自体は、ファッションに限らずアニメや小説など、日本発のさまざまなコンテンツをわかりやすいビジネス目線で切り取る番組として知られる。
日本コンテンツで海外ビジネスを考えている方にとっても、この番組は参考になるのでぜひご覧いただきたい。

 
●The STYLE INSIGHT CONTACT
Mail:yoko@the-styleinsight.com
Tel:03-6869-9307
Fax:03-6893-3931

    スタイルインサイト創設者&編集長、近藤陽子 BSフジ『ジャパコンTV』出演情報

    Founder at The STYLE INSIGHT YOKO KONDO on BS FUJI ジャパコンTV on August 1st

       

    『The STYLE INSIGHT』の創設者&編集長の近藤陽子が、日本のコンテンツビジネス最前線を追うBSフジのTV番組『ジャパコンTV』に出演!

    オンエアは、8月1日(金)24:00〜24:55。

      

     

    出演するのは、今回番組内でトピックスとして扱われる「日本のファッションECサイトの最前線」というコーナー。

    ファッションジャーナリストという観点から、客観的な目線で見た日本のファッションECサイトについてコメントする。

    なかでも、近藤陽子自身がビジネスでも付き合いのあるファッションアプリ「iQON」とラグジュアリーECサイト「MyGOD」は、売上も順調で今後ますます飛躍する企業として注目だ。

    『ジャパコンTV』自体は、ファッションに限らずアニメや小説など、日本発のさまざまなコンテンツをわかりやすいビジネス目線で切り取る番組として知られる。

    日本コンテンツで海外ビジネスを考えている方にとっても、この番組は参考になるのでぜひご覧いただきたい。

     

    ●The STYLE INSIGHT CONTACT

    Mail:yoko@the-styleinsight.com

    Tel:03-6869-9307

    Fax:03-6893-3931

    Posted on Thursday, July 31st 2014, by My Worldwide Fashion Story

    パドカレから、NY旗艦店オープン1周年を記念したキャンドルが登場

    pas de calais 1st Happy Anniversary for NY Flagship Shop

      

    「pas de calais(パドカレ)」というブランドが、ナチュラルで気取りのない清々しい趣を持ったまま、すでに15年という歴史を刻んできたことは、以前この『The STYLE INSIGHT』でもお伝えしたとおり

    そして年月を重ねるごとにブランドとしての奥行きは増していき、今ではNYとパリでも高い評価を得るなど、グローバルブランドとしても躍進を続けている。

     

    そんな「pas de calais」のNY・ソーホーにある旗艦店が、オープンからちょうど1周年を迎えた。

    そして今回飛び込んできたのが、そのアニバーサリーを記念すべく、NY・ブルックリン発のフレグランスキャンドルブランド、「APOTHEKE(アポテケ)」とコラボレーションしたキャンドル“NO.1 CEDAR”が今月末にリリースされるというニュースだ。

     

     

    キャンドルは見た目が「pas de calais」ならではなら、その香りもまたしかり。

    ナチュラルなテイストにマスキュリンな匂いがほのかに漂い、素朴なシダー(針葉樹)と甘いタバコの花で温かみのある香りに仕上がっている。

    スペシャルパッケージとして麻素材のオリジナルポーチが付いてくるというのも魅力的で、ぜひ部屋のインテリアの一部に、そしてブランドの世界観を知る上でもぜひ手に入れたいキャンドルである。

     

     

    今回は1周年のアニバーサリーということで“NO.1”というタイトルになっているが、今後も2周年、3周年と時を刻むごとに、「APOTHEKE」とのコラボレーションのバリエーションを増やしていくそう。

    そんな姿勢もトレンドに流されず、デリケートながらも強い意志を持ったこのブランドの人生模様に重なるものがあるのでは。

    香りやライフスタイルを心地よく照らす炎をまずは70時間堪能し、その後ボトルはオンザロックスタイルのグラスとして再利用することもできるので、「pas de calais」の歴史のように長くゆっくりと付き合ってみるのも贅沢な体験かもしれない。

     

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Tuesday, July 29th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    思わずキスしたくなる? ゲランの新リップスティック
GUERLAIN “KISS KISS” Extremely Seductive Lipstick
セクシーな気分になれる、「ゲラン」の新リップスティック。
8月1日〜3日、表参道ヒルズで無料お試しやあなたにおすすめの“フランス流・男を誘惑する方法”を伝授するイベントを開催!
詳細はこちらから。
http://the-styleinsight.com/post/93032062430

  
Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    思わずキスしたくなる? ゲランの新リップスティック

    GUERLAIN “KISS KISS” Extremely Seductive Lipstick

    セクシーな気分になれる、「ゲラン」の新リップスティック。

    8月1日〜3日、表参道ヒルズで無料お試しやあなたにおすすめの“フランス流・男を誘惑する方法”を伝授するイベントを開催!

    詳細はこちらから。

    http://the-styleinsight.com/post/93032062430

      

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    Posted on Monday, July 28th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    GUERLAIN “KISS KISS” Extremely Seductive Lipstick

    image

        

    現代のシンデレラとも称され、最近では第4子となる男の子を出産したばかりのスーパーモデル、ナタリア・ヴォディアノヴァ(Natalia Vodianova)。

    そんな彼女の唇を魅惑的に彩るのが、「GUERLAIN(ゲラン)」の新リップスティック“KISSKISS(キスキス)”だ。

    この“全ての唇が求めていた”、情熱的で見る人を誘惑せずにはいられないリップスティックが、8月1日に全国デビューする。

      

    image

     

    またこの発売を記念して、8月1日〜3日の3日間、表参道ヒルズ 西館 1FにあるGallery 80では“KISSKISS POP-UP STORE in 表参道”と題したイベントを開催。

    イベント期間中は、“KISSKISS”全25色を無料で試せるスペースや、12種類のフランス流の誘惑パターンから、自分にぴったりの誘惑スタイルが見つかるコーナーを設けるなどお楽しみが盛りだくさん。

    さらにはFacebookやブログ、Twitterなどへの投稿で“KISSKISS”のミニチュアが当たるSNSキャンペーンも実施するとあって、わくわくしながら“いい女”への階段を駆け上がることができる貴重な体験を提供してくれる。

    (ハッシュタグは“#キスキス”!)

     

    image

       

    元々1994年に誕生した“KISSKISS”は、今年艶やかなリトルブラックドレスを纏ってスタイリッシュに生まれ変わった待望のリップスティック。

    とろけるようなクリーミィな感触と、美味しそうなくらい唇をぷるんと整える効果は、見る人すべてを誘惑せずにはいられないほど大胆で情熱的だ。

    コンセプトは、“オリジナル フレンチキス”。

    これから恋を見つけたい人、すでに恋をしている人、そんなあらゆる女性が官能的な気分になれるリップスティック、これを見逃すのはかなりもったいないのでは?

      

    ●KISSKISS POP-UP STORE in 表参道

    期間:8月1日〜3日の3日間

    場所:表参道ヒルズ 西館 1F Gallery 80

    住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10

    入場料:無料

      

    ☆画像はイメージです

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Monday, July 28th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    次なるアイコンバッグは、バリーの“BLOOM”がおすすめ
BALLY New Icon Bag “BLOOM” , Love It Forever!

 
大人にはたまらない、リュクスなバリエーションはこちらからチェック。
http://the-styleinsight.com/post/92916718780

   

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    次なるアイコンバッグは、バリーの“BLOOM”がおすすめ

    BALLY New Icon Bag “BLOOM” , Love It Forever!

     

    大人にはたまらない、リュクスなバリエーションはこちらからチェック。

    http://the-styleinsight.com/post/92916718780

       

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

    Posted on Saturday, July 26th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    BALLY New Icon Bag “BLOOM” , Love It Forever!

    image

     

    image

     

    スイスを代表するラグジュアリー・ブランド、「BALLY(バリー)」の上質な革は、すでに世のビジネスウーマンの憧れ。

    リボンメーカーから始まったこのブランドが、創始者カール・フランツ・バリーがパリ出張の際に繊細なパリジェンヌのシューズに魅了され、その後シューズだけでなくバッグやレザー製品のアクセサリー、既製服へと160年近い年月をかけて育んできた歴史を考えれば、その背景には並々ならぬ伝統と革新への挑戦があったわけだから、現代でもファッションの目利きが一目置くのもうなずける、というものだ。

    そんな「BALLY」が、2014年秋冬にアイコンバッグ“BLOOM”をリリースする。

     

    image

     

    image

     

     

    image

                

    伝統的なクラフツマンシップにマテリアルの美しさにこだわったミニマルなデザインは、「BALLY」のスピリットを軽やかに反映したもの。

    そこにバックル付きのサイドがまるで花びらのように開くダッフルシェイプがポイントになっているわけだが、まさにそれこそがこの“BLOOM”の名前の由来なのだそう。

    その開閉によってイメージが全く変わるから、2WAYとして楽しめるのも魅力的だ。

      

    このアイコンバッグを手がけたのは、以前『The STYLE INSIGHT』でも就任をお知らせした、新デザイン・ディレクターのパブロ・コッポラ。

    だからなのか、と何やら新鮮に感じるのもそのはず。

    例えばスイスの3つの山頂を表した、「BALLY」の新しいクレスト(紋章)モチーフを持ち手の近くに控えめにエンボス加工しているように、トップメゾンならではのクラシックな要素は継承しつつ、コンテンポラリーかつオーセンティックなテイストに仕上がっているのは彼ならではのフレッシュな感性が光っているから。

    というわけで、結論として言ってしまうとこの“BLOOM”、実のところビジネスシーンはさることながら、旅にもパーティにも持っていきたくなるほどリュクスでモダンな魅力に溢れている。

    プレーンカーフやパイソンとスエードカーフのコンビネーションなど、素材の美しさはやはり保障済みなので、トレンド過多にはなりたくないけど本当の意味でランクアップしたい、なんて思う人なら一度手に取ってみる価値はあるのでは。

     

    image

     

     

    image

     

    image

      

     

    ●BALLY 新アイコンバッグ“BLOOM” 展開予定

    プレーンカーフ(LG)                      ¥210,000 / 4色展開

    プレーンカーフ(MD)                    ¥190,000 / 6色展開

    ヘアカーフ(MD)                   ¥280,000 / 2色展開

    パイソン×スエードカーフ(MD) ¥325,000 / 3色展開

    (LG)H23cm×W35cm×D18cm (MD)H20cm×W30cm×D16cm(全て税抜価格)

    問い合わせ先 :バリー・ジャパン

    Tel:03-6215-6609

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子 / ファッションジャーナリスト)

     

     

    Posted on Saturday, July 26th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    今週末は、アレキサンダー・マックイーン 青山店でボタニカルアートを味わい尽くす
This Weekend Visit : Alexander McQueen and Botanical Art

先日、クリエイティブ・ディレクターのSarah Burton(サラ・バートン)がホストを務める豪華パーティを開催したばかりの「アレキサンダー・マックイーン」。
現在、27日までダイナミックなボタニカルアートのインスタレーションを展示中。
ファッションだけでなく、自然やライフスタイルもマックイーン流に解釈した青山のフラッグシップショップは必見。
パーティレポートは後日! 
http://the-styleinsight.com/post/92903242665

 

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    今週末は、アレキサンダー・マックイーン 青山店でボタニカルアートを味わい尽くす

    This Weekend Visit : Alexander McQueen and Botanical Art

    先日、クリエイティブ・ディレクターのSarah Burton(サラ・バートン)がホストを務める豪華パーティを開催したばかりの「アレキサンダー・マックイーン」。

    現在、27日までダイナミックなボタニカルアートのインスタレーションを展示中。

    ファッションだけでなく、自然やライフスタイルもマックイーン流に解釈した青山のフラッグシップショップは必見。

    パーティレポートは後日! 

    http://the-styleinsight.com/post/92903242665

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Saturday, July 26th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    This Weekend Visit : Alexander McQueen and Botanical Art

    東京青山に華々しく誕生した、「Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)のフラッグシップショップ。

    現在ここで、コンテンポラリー・フラワー・アーティストの柿崎順一氏による、世にも美しいボタニカルアートのインスタレーションが展示されている。

     

     

     

     

    先日、クリエイティブ・ディレクターのSarah Burton(サラ・バートン)がホストを務める豪華パーティでも注目を集めたこのインスタレーション。

    生命の息吹を感じさせる鮮やかな花々がダイナミックながら、どこか儚げでアンニュイなムードも漂わせるその様は、マックイーンのコレクションの中でも繰り返しインスピレーションソースとなってきた“自然”と見事に調和している。

     

     

     

     

     

     

    そして、この“AMARANTH『不凋花』”と名付けられたボタニカルアートを実際に見れるのが、なんと今週末まで!

    もはや不滅のクリエイティヴィティを誇るマックイーンと、柿崎氏の五感揺さぶる美との共鳴……27日までに青山に訪れる機会があるなら、ぜひその圧倒的存在感を目の当たりにしてみたい。

     

     

    ●アレキサンダー・マックイーン 青山店
    住所:東京都港区南青山5-1-3 TS青山ビル
    Tel: 03-6861-0910

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

     

    Posted on Saturday, July 26th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    いま、ベルリンのファッションシーンが面白い?
ユリウスともコラボする、“マスク”な個性派ブランドをインタビュー!
INTERVIEW : KUBORAUM “MASK COLLECTION” , What’s Happening in the Fashion Scene of Berlin?

 
7月初旬に開催された、ベルリンファッションウィーク。
その期間中、超個性派アイウェアを展開する「KUBORAUM」の“マスク”な新作コレクションが旗艦店で発表された。
日本のカリスマティックなブランド、「ユリウス」とのコラボレーションでも知られ、レクレルールやアントニオーリなど有力セレクトショップからもラブコールを受ける「KUBORAUM」。
そのクリエーションの秘密を知りたい!ということで、「The STYLE INSIGHT」のドイツ特派員がインタビューを敢行!
ベルリンのファッショニスタのおしゃれスナップもあるので、じっくりチェックしてみて!
http://the-styleinsight.com/post/92779049040

 

Interview / Kana Miyazawa
Photos  & Translation / Yuka Sagai

    いま、ベルリンのファッションシーンが面白い?

    ユリウスともコラボする、“マスク”な個性派ブランドをインタビュー!

    INTERVIEW : KUBORAUM “MASK COLLECTION” , What’s Happening in the Fashion Scene of Berlin?

     

    7月初旬に開催された、ベルリンファッションウィーク。

    その期間中、超個性派アイウェアを展開する「KUBORAUM」の“マスク”な新作コレクションが旗艦店で発表された。

    日本のカリスマティックなブランド、「ユリウス」とのコラボレーションでも知られ、レクレルールやアントニオーリなど有力セレクトショップからもラブコールを受ける「KUBORAUM」。

    そのクリエーションの秘密を知りたい!ということで、「The STYLE INSIGHT」のドイツ特派員がインタビューを敢行!

    ベルリンのファッショニスタのおしゃれスナップもあるので、じっくりチェックしてみて!

    http://the-styleinsight.com/post/92779049040

     

    Interview / Kana Miyazawa

    Photos  & Translation / Yuka Sagai

    Posted on Friday, July 25th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    INTERVIEW : KUBORAUM “MASK COLLECTION” , What’s Happening in the Fashion Scene of Berlin?

    ”アイウェアとしてではなく、ファッションやアートの一部になり得る”マスク”として捉えてるんだ”

      

    image

     

    ヨーロッパでも絶大な人気を誇る東京発ブランド、「JULIUS」とのコラボレーションでも注目を集めている「KUBORAUM」による“MASK COLLECTION”がベルリンのFLAGSHIP SHOPにて発表された。

    歴史的なクラブ、Tresorが位置するクロイツベルクエリアにショップを構えるあたりからして、すでにアートや音楽の重要都市でもあるベルリンカルチャーが背景にあることが感じられるが、真っ黒に塗りつぶされた店内にはミニマルな什器とブラックゴシックな装飾、そこに並ぶ”マスク”たちが何とも言えない奇妙で美しい芸術性を帯びていた。

    どっしりとしたフレーム、角張ったカッティングデザイン、妖艶なアイマスクなど、それらは退廃的で重厚的で、とてもクールなベルリンの街をそのまま”マスク”に落とし込んだような圧倒的な存在感を持つ。

      

    image

     

    image

     

    image

     

    真っ黒な店内に対して、ショップの奥にあるアトリエ兼ギャラリーは真っ白。

    いくつかに分かれている小部屋それぞれには、アート作品が展示されている。

    日本においては、いくら路面店とは言え、こういった贅沢な作りはメゾンブランド以外ではなかなか難しい。

    街中であってもひとつひとつの建物が大きく、広々した敷地を持つベルリンだからこそ可能なアプローチとなっている。

     

    image

     

    image

     

    image

     

    「KUBORAUM」を手掛けているのは、2人のイタリア人クリエイター。

    デザイナーであるLivio Graziottin氏と、同じくイタリア人のブランド&マーケティングディレクターのSergio Eusebi氏。

    新作のお披露目と共に開催されたパーティーの最中、Sergio氏にインタビューを決行した。

     

    image

     

    ■KUBORAUMを始めたきっかけを教えて下さい。

    2012年2月からアイウェアレーベルを立ち上げたけど、もともとデザイナーのLivioは20年以上に渡って、ファッションブランドである「24/7 Suits」を手掛けてたんだよ。

    それから、5年位前に僕と一緒にベルリンでファッションギャラリーをやるようになったんだ。そこからファッションだけではなく、アーティスト達が沢山集まるような、アート性の高いスモールコレクション、つまり現在の「KUBORAUM」になるんだけど、それを立ち上げることになったんだ。

      

    image

     

    ■なぜ、アイウェアに特化したのでしょうか?


    アイウェアというより、ファッションやアートの一部である”マスク”として僕らは捉えているんだ。

    マスクを付けてくれた一人一人がアイコンとなって、ユニークに使用してもらいたいと思ってる。

      

    image

     

    image

     

    ■日本のブランドである「JULIUS」とコラボレーションした経緯を教えて下さい。


    「JULIUS」とは、ブランド同士のコラボレーションとしては考えていないんだよね。

    彼らとはローマ、ベルリン、東京などで、休日を一緒に過ごしたりするフレンドシップがあって、プライベートも共有しているいわゆる仲間なんだよ。

    だから、コラボレーションではなく、僕らにとってはシェアなんだよね。

    マーケティングやビジネスと言うよりも、才能のシェア、気持ちのシェア、そういうパッションのシェアをしているよ。

    「JULIUS」のクルーとは、好きな建築や音楽、芸術、人に至るまでいろんな部分で共通点があるからね。

     

    image

     

    image

      

    ■「JULIUS」では限定モデルのみを展開されていますが、その他では主にどこで手に入れることが出来ますか?

    東京に関して言えば、伊勢丹、VIA BUS STOP、CANDY、あとは、C.CカントリーやGR8でも展開しているよ。

      

    ■今回の新作コレクションの特徴について聞かせて下さい。


    今回はシルバーに良く合うように出来ているよ。

    さっきも言ったけど、サングラスやメガネといったアイウェアではなくてマクスとして作っているから、これをつけた時に「似合ってる」とか「いいね」ではなくて、つけた瞬間に「変化」を作り出せるような、「アイデンティティー」を各々が表現出来るようなそういった感じをイメージしているんだ。

    人々の感情に働きかけて、気持ちを動かすような、そういう強さのあるデザインがイメージかな。

    素材はユニークかつ、オーガニックな質感にこだわってるよ。
    そして、「KUBORAUM」の最も特徴とする24時間レンズは、その名の通り昼の日差しの中でも夜の街やクラブでも使えるように配慮しているんだ。

      

    image

     

    image

     

     

    エキシビジョン兼パーティーには、モデル、アーティスト、フォトグラファー、スタイリストなど、ベルリン中のファッショニスタが集まっており、ブランドの注目度の高さが改めて伺えた。

      

    image

     

    image

     

    「KUBORAUM」は、ブランドスタートより、わずか1年足らずで、ANTONIOLI、L’ECLAIREUR 、LUISAVIAROMA などの有数店舗を始めとする世界120 店舗以上で展開され、ベルリンの有名DJやイノベーターやアーリーアダプターにも支持されている。

    カジュアルなスタイリングにもシックなドレススタイルにもマッチングする最先端のアイウェア、ではなく、マスクを装着して、新たな自分として出掛けるのが新たなトレンドとなるのだろう。

     

    image

     

    image

     

    image

     

    image

     

    image

     

     

    Interview / Kana Miyazawa

    Photos  & Translation / Yuka Saga

    Posted on Friday, July 25th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    コーチ、スチュアート・ヴィヴァース就任後初のキャンペーンを世界同時発表。

    COACH 2014 Fall Winter Global Campaign by Stuart Vevers

     

    フォトグラファーはスティーブン・マイゼル、アートディレクションはファビアン・バロンなど、脇を固めるクリエイターも一流揃い!

    http://the-styleinsight.com/post/92622697710

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Wednesday, July 23rd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    COACH 2014 Fall Winter Global Campaign by Stuart Vevers

    Stuart Vevers(スチュアート・ヴィヴァース)が「COACH」のエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに!というニュースが流れたのは、確か昨年の今頃。

    それから今年2月、NYコレクション開催中に発表されたファーストコレクションは、アメリカンスポーツウェアにモダンなスピリットを加えたフレッシュなアイテムの数々で、その発売が待ち遠しくなった人もきっと多いのでは。

    そんな中、2014年秋冬のグローバル広告キャンペーンが発表され早くも話題を呼んでいる。

     

    image

     

    image

     

    ヴィヴァースにとって就任以来初となるこのキャンペーンでは、レディ・トゥ・ウェアとアクセサリーを全面的に大フィーチャー。

    NYのスナグ・ハーバー・カルチュラル・センター・アンド・ボタニカル・ガーデンズを舞台に、伝説のフォトグラファーとして名を馳せるSteven Meisel(スティーブン・マイゼル)が撮影を、高級ブランディングエージェンシーとして知られるBaron & Baronが製作を手がけた。

    モデルは、Lexi Boling(レキシー・ボーリング)、Leona Binx Walton(レオナ・ビンクス・ウォルトン)、Vanessa Mood(ヴァネッサ・ムード)、Harleth Kuusik(ハーレス・クーシック)、Gracie Van Gastel(グレイシー・ヴァン・ガステル)といった、今後に期待が持てるファッション界の輝かしい新星たちが瑞々しい姿を見せている。

     

    また、ヴィヴァースのコレクションにインスピレーションを与えたという、写真家Joel Sternfeld(ジョエル・スターンフェルド)の作品が採用され、ウエストマンハッタンの空中緑道、ハイラインを撮影した“Landscape with Path”シリーズの作品にマイゼルが撮り下ろしたポートレートを組み合わせたビジュアルなど、ニューヨークを代表する風景が映画的に描写されている。

    ヴィヴァースが「新しいキャンペーンにとても満足しています。エフォートレス、ユースフル、パーソナル、オーセンティック、そして生来のクールといった、 Coach Girlのスピリットが映し出されています。このキャンペーンには、コーチのブランドの心髄にある自由さ(フリーダム)と、スターンフェルドとマイゼルの写真が醸し出すどこか懐かしいノスタルジックな趣とが共存しています。この写真たちが大胆に、そしてモダンな表現で重ねあわされる様こそ、コーチの新しいビジョンを表しているように思います」と語るように、新星コーチはより軽やかに、モダンに、時代の先端を駆け抜ける様をこのキャンペーンで表現したようだ。

     

    image

     

    image

     

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Wednesday, July 23rd 2014, by My Worldwide Fashion Story

    ネイマールや本田圭佑もご愛用。イタリア インディペンデントのユニークなサングラス
ITALIA INDEPENDENT Pop Up Shop , Discover Unique Camouflage Here

7月22日まで、阪急メンズ大阪でポップアップショップを開催中。
関西ではここでしか全色揃わない、あの“フルカモフラージュ・コレクション”もあり! 
http://the-styleinsight.com/post/92214024700

 

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    ネイマールや本田圭佑もご愛用。イタリア インディペンデントのユニークなサングラス

    ITALIA INDEPENDENT Pop Up Shop , Discover Unique Camouflage Here

    7月22日まで、阪急メンズ大阪でポップアップショップを開催中。

    関西ではここでしか全色揃わない、あの“フルカモフラージュ・コレクション”もあり! 

    http://the-styleinsight.com/post/92214024700

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Saturday, July 19th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    ITALIA INDEPENDENT Pop Up Shop , Discover Unique Camouflage Here

    「ITALIA INDEPENDENT(イタリア インディペンデント)」のポップアップショップはもうチェックした?

    7月22日まで阪急メンズ大阪にオープンしているこのショップでは、この夏の新作からベストセラーモデルまでが勢ぞろい。

    特におすすめは、各メディアでも話題になったレンズまでもがカモフラ柄の“フルカモフラージュ・コレクション”!

    しかもこちら、関西初の全色がラインナップという嬉しいサプライズ付きだ。

    イタリア・フィアット社創業一族の御曹司、ラポ・エルカーンが手がける「ITALIA INDEPENDENT」は、レディ・ガガやジェシカ・アルバ、ミラ・ジョヴォヴィッチといったセレブをはじめ、本田圭佑やネイマールといったサッカー選手にも大人気。

    イタリアらしい遊び心溢れるユニークなデザインを探しに、連休はこちらに行ってみるのもいいかもしれない。

     

     

     

     

     

     

     

    ●ITALIA INDEPENDENT POP UP SHOP

    期間:7月22日まで

    場所:阪急メンズ大阪 1階 特設スペース

    住所:大阪市北区角田町7-10

    Tel:03-6361-1381(代表)

    営:平日 11:00〜21:00 土 10:00〜21:00 日・祝 10:00〜20:00

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Saturday, July 19th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    リタ・オラがマリリン・モンローに変身?
Rita Ora Goes from Pop Star to Marilyn Monroe in Roberto Cavalli New Campaign

他のキャンペーンビジュアルはこちら!
http://the-styleinsight.com/post/91848136940

 

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    リタ・オラがマリリン・モンローに変身?

    Rita Ora Goes from Pop Star to Marilyn Monroe in Roberto Cavalli New Campaign

    他のキャンペーンビジュアルはこちら!

    http://the-styleinsight.com/post/91848136940

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Tuesday, July 15th 2014, by My Worldwide Fashion Story