Fashion Journal from Tokyo and the World

by Yoko Kondo and Fashion addicts.
Bilingual Fashion 2.0 mood board from Tokyo and the World, created in the middle of the night from the scraps of our lives.

YOKO Kondo / 近藤陽子(Founder & Editor in chief)
FASHION JOURNALIST & WEB DIRECTOR
FASHION CONSULTANT
Yoko used to work with ELLE ONLINE, GLAMOROUS and was selected a part of KATE MOSS for Longchamp world bloggers in 2011.
Based in Tokyo, every season goes to fashionweek in Paris, NY, London, Milan and many other destinations.
Loves eccentric fashion, traveling all over the world, and exchanging views with creative people.

http://instagram.com/yoko_kondo_thestyleinsight

☆CONTACT☆
情報掲載に関する詳細・お問い合わせはこちら

http://the-styleinsight.com/contact

yoko@the-styleinsight.com
yokococo5118@gmail.com



(C)2012 - 2014 The STYLE INSIGHT. All Rights Reserved.

Fabulous daily fashion life!

Loading...

    More - Instagram

    週末にこそ味わいたい、ありのままの美しいくらし。アウアー・バイ・キンフォークとイギリス文化の融合

    THOMAS MAISON × Ouur by KINFOLK : SLOWHOUSE Opening Limited Items 

        

    『KINFOLK』というアメリカの季刊誌をご存知だろうか?

    近年、日本でも注目が集まるポートランドで誕生した、ネイサン・ウィリアムズが立ち上げた雑誌で、“ありのままの、美しいくらし”というコンセプトの元、そこからさらに「Ouur by KINFOLK(アウアー・バイ・キンフォーク)」という『KINFOLK』の世界観を体現するアパレルやテーブル雑貨などの商品も提案している。

    そんないま注目のブランドが、天王洲のウォーターフロントに4月25日にオープンするライフスタイルストア、SLOWHOUSEにて「THOMAS MASON × Ouur by KINFOLK」のという新アイテムを限定発売する。

     

     

    THOMAS MASON」は、1796年にイギリスで誕生した由緒あるブランド。

    伝統に裏付けされた最高級の双糸を丁寧に紡いだ上質なコットン生地で知られており、今回そんな特殊な艶としなやかさを合わせ持つ素材感に、ネイサンのこだわりでもある“ありのままのリラックス”を加えたのがポイントだ。

     

    快適で機能的で、かつシンプルな暮らし。

    そんなミニマルで時間がゆっくり流れるようなライフスタイルこそ、究極の贅沢かもしれない。

    ウィークエンドのトラディショナルスタイルにひとさじの上質感を添えた特別な一着を、ぜひこの機会に手にとってみてはいかが?

     

    THOMAS MASON×Ouur by KINFOLK

    左 Saturday Dress ¥26,000

    右 Saturday Shirts Lady’s ¥22,000、Men’s 23,000(すべて税抜)

    ●SLOW HOUSE

    東京都品川区東品川2-1-3

    Tel:03-5495-9471(4月25日から開通予定) 

      

    Photos / Ouur by KINFOLK

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Friday, April 18th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    Chloé Interactive Mirror Event featuring MAISON DE REEFUR

    いま伊勢丹新宿店に行くと、1階のザ・ステージは「Chloé(クロエ)」一色。

    というのも、ちょうど“Chloé Interactive Mirror Event”というイベントをやっていて、ブランドのアイコンであり、世界的にも大人気のバッグ、“BAYLEE(ベイリー)”から“Chloé featuring MAISON DE REEFUR(クロエ フューチャリング メゾン ド リーファー)”限定カラーが登場しているから!

     

    image

    左上より時計まわり:BAYLEE mini size bag(H17×W23×D13cm) ¥166,000、BAYLEE medium size bag(H35×W40×D17cm) ¥220,000、BAYLEE pouch(H14.5×W28×D9cm) ¥62,000、BAYLEE Wallet(H11×W19×D2cm) ¥66,000(すべて税抜)

     

     

    「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」はご存知、モデルの梨花がディレクションする大人の女性に向けたライフスタイルショップ。

    では、そのスペシャルコラボレーションってどうなってるの?というわけで、『The STYLE INSIGHT』も初日から早速現場へ。

    店内は限定カラーと同じく淡いピンクの壁面がロマンティックな気分を誘い込み、ピンク系とブルー系のグループに分けられた“BAYLEE”が各々格子型のキャビネットに整然と並べられている。

    何気なく足を運んでも直感で自分の“欲しい”アイテムがすぐに見つかる、モダンでミニマルな作りだ。

    そして“Chloé featuring MAISON DE REEFUR”限定カラーはバッグ、ウォレット、ポーチがラインナップしていて、他にも世界先行発売のTシャツもあり、とお楽しみがいっぱい。

     

     

    image

     

     

    image

       

     

    また、気になったのが『VOGUE JAPAN.COM』& PINTERESTと連動したインタラクティブなフォトセッション。

    これは“Chloé Interactive Mirror”と呼ばれるところの前に立つと、自分に似合うカラーをすぐさま診断し、それに伴っておすすめの“BAYLEE”を選んでくれるというもの。

    そしてそのバッグを持って撮影すると、上記WEBサイトやPINTERESTにその写真がアップされる他、自分でもダウンロードができるのでその場で友達にもシェアができるという仕掛け。

    で、実際にお試ししてみたのがこちら。

      

     

    image

     

    ちょっと恥ずかしい気がしつつも、やってみると意外とハマるイマドキなこのお遊び。

    ショッピングするだけでも楽しいけれど、こんなよりブランドに親近感を持てるようなイベントに、友達を誘って参加してみるのもいいかも!

     

     

    ●Chloé Interactive Mirror Event

    期間:4月16日(水)~ 4月22日(火)
    場所:伊勢丹新宿店 1階 ザ・ステージ
    営:10:30~20:00

    問い合わせ先:クロエ インフォメーションデスク
    Tel:03‐4335-1750

    URL:http://www.chloe.com

     

     

     

    Yoko Kondo /Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Thursday, April 17th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    3.1 フィリップ リム、リンダ・ファローとのコラボアイウェアに人気バッグの限定カラーを同時リリース
3.1 Phillip Lim MICROCOSM The 2nd Limited New Items , Collaboration with Linda Farrow

 
ただいま話題の伊勢丹新宿店内に登場した、「3.1 Phillip Lim MICROCOSM(3.1 フィリップ リム マイクロコズム)」。
期間限定のこのショップで、第2弾となるリミテッドアイテムが発売スタート!
どんなラインナップがあるのかは、下記URLからチェックしてみて。 
http://the-styleinsight.com/post/82684492742

 

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    3.1 フィリップ リム、リンダ・ファローとのコラボアイウェアに人気バッグの限定カラーを同時リリース

    3.1 Phillip Lim MICROCOSM The 2nd Limited New Items , Collaboration with Linda Farrow

     

    ただいま話題の伊勢丹新宿店内に登場した、3.1 Phillip Lim MICROCOSM(3.1 フィリップ リム マイクロコズム)」。

    期間限定のこのショップで、第2弾となるリミテッドアイテムが発売スタート!

    どんなラインナップがあるのかは、下記URLからチェックしてみて。 

    http://the-styleinsight.com/post/82684492742

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Monday, April 14th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    3.1 Phillip Lim MICROCOSM The 2nd Limited New Items , Collaboration with Linda Farrow

    先日、この『The STYLE INSIGHT』でも既報した「3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム)」の伊勢丹新宿店内に誕生した半年予定の期間限定コンセプトストア、「3.1 Phillip Lim MICROCOSM(3.1 フィリップ リム マイクロコズム)」。

    ここで、早くも第2弾となるコラボレーションが登場することになった。

     

    image

     

    まず、今回の目玉である「Linda Farrow(リンダ・ファロー)」とのコラボレーションアイウェアが、「3.1 フィリップ リム マイクロコズム」で日本国内先行発売。

    2014年春夏からスタートしたこのコラボレーションは、すでにセレブリティの間でも話題となっていて、サングラスが14型、メガネが10型の計24型がラインナップする。

    「3.1 Phillip Lim」ならではのモダンなテイストに、1970年代からファッションメゾンのアイウェアをデザインするパイオニア的存在の「Linda Farrow」の感性が加わったニュー・スタイルは、その新鮮なシェイプでクールなモード好きを瞬く間に夢中にさせることだろう。

    image

    3.1 Phillip Lim × Linda Farrow ¥42,000(税抜)

     image

    3.1 Phillip Lim × Linda Farrow 上下共に¥38,000(税抜)

     

    また、“31 HOUR BAG”や“31 MINUTES BAG”など、ファンならずともおなじみの人気バッグに限定カラーが登場。

    黒×ライトベージュやネイビー×ライトブルーのカラーコンビネーションが春らしさこの上なく、ありそうでなかなかない独特のニュアンスがリュクスな雰囲気も醸し出している。

    他にクロコダイルのリッチバージョンもあり、スタイリングの要となるバッグのウィッシュリストに即エントリーしそうな予感。

    アイウェアと共に、こちらのバッグも4月16日からリリースをスタートする。

    image

    31 HOUR BAG EXCLUSIVE  ¥96,000(税別)

    image

    31 MINUTES BAG 左 ¥88,000(税込)右 EXCLUSIVE  ¥58,000(税込)

    image

    31 HOUR BAG ¥148,000(税込)

     

    ちなみに、このコンセプトストアの第2弾のテーマは“ネイチャー”。

    2014年春夏キャンペーンムービーでもその世界観が映し出されていたが、シーズンを表現する“自然の中の強さや美しさ”は、アイボリーやベージュ、ブラウンといったナチュラルな色合いのコレクションウェアに、フロア全体を覆うまるで店内が浮き彫りになったようなラグジュアリーな大理石のプリントで感じ取ることができるはず。

    それに都会の真ん中にいながらにして“ネイチャー”を肌で感じる効果音として、牟田口景氏(WHITELIGHT)が創り出す環境音楽も気になるところ。

    自然音によって景色が移り変わりゆく様を表現したコラージュは、いつになくリラックスしたとっておきのショッピング体験をもたらしてくれるかもしれない。

     

    ●3.1 Phillip Lim MICROCOSM 第2弾

    期間:4月16日〜5月20日

    場所:伊勢丹新宿店 本館3階

    住所:東京都新宿区新宿3-14-1

    Tel:03-3358-6979

     

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Monday, April 14th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    まだ間に合う!  オランピア ル タンとドーバーストリートマーケット ギンザのインスタレーション、そしてJUNとのコラボライン
We Love OLYMPIA LE-TAN , DOVER STREET MARKET GINZA and More Info

可愛いものが好き、おしゃれなものが好き、ちょっとセクシーなものが好き。
そんなあなたには、「オランピア ル タン」。 
http://the-styleinsight.com/post/82666641981

 

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    まだ間に合う!  オランピア ル タンとドーバーストリートマーケット ギンザのインスタレーション、そしてJUNとのコラボライン

    We Love OLYMPIA LE-TAN , DOVER STREET MARKET GINZA and More Info

    可愛いものが好き、おしゃれなものが好き、ちょっとセクシーなものが好き。

    そんなあなたには、「オランピア ル タン」。 

    http://the-styleinsight.com/post/82666641981

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Monday, April 14th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    We Love OLYMPIA LE-TAN , DOVER STREET MARKET GINZA and More Info

    キュートなピンナップ・ガールはこれまでにもたくさん登場してきたけれど、こんな無邪気で自由奔放な“セイラー・ピンナップ・ガール”がいたらもうそれだけで夏が来た!って感じ。

    そんな気分にさせてくれるのが、あのブック型のクラッチバッグでおなじみの「OLYMPIA LE-TAN(オランピア ル タン)」

    いまちょうど、DOVER STREET MARKET GINZA(ドーバーストリートマーケット ギンザ)では、同ブランドの2014年春夏コレクションのインスタレーションを開催している。

     

     

    image

     

    image

     

    image

     

    「OLYMPIA LE-TAN」とDOVER STREET MARKETのコラボレーションは実は今回が初めて、というと何だか意外なんだけど、そこに広がるのはいかにもマリンな海軍のセーラー服を想起させるドレスや、魚のモチーフに彩られたスウェット、Tシャツなど。

    そして何より印象的なのは、オランピアの父であるピエール・ル・タン氏が直筆で描きパリコレのランウェイで使用されたという水族館のようなスペシャルボード!

    さすがこの父にしてこの娘あり、アートフルな感性は親子代々受け継がれているようだ。

    もちろん、シグネチャーのクラッチバッグも今シーズンは海のイメージ。

    決してお得なプライスとは言いがたいものの、マニアならずとも手に入れたいと思わせる、特別な吸引力をオランピアは持っている。

    他に、新作コレクションを飾るハンガーラックもパリのショールームで実際に使用しているものを再現しているそうで、そんなこだわり(そして何とも愛くるしいユーモア)が随所に表れた空間はレセプション当日も多くの人をオランピア・ワールドに惹き込ませていた。

     

     

    image

     

    image

     

    image

     

    image

     

    そして日本在住の人はラッキーね!と頷けることがもうひとつ、それがオランピアとJUNグループが手掛けるコラボレーションライン「Ex-Libris by Olympia Le-Tan(エックス リブリス バイ オランピア ル タン)」。

    2014年春夏コレクションは、野菜やフルーツが主役になったこれまた楽しいモチーフばかり。

    テーマは“PRIMEUR(プリムール)”で、これはフランス語で初物を意味するのだそう。

    一般的にはワインの新種の意味で使われることが多く、ヌーヴォー・ワインと呼ぶこともあるから、それにまつわるこの単語になじみ深い人も多いのでは?

    こちらも先日青山・IDOLでパーティを開催。

    オランピア本人も訪れ、フォトブースやTシャツのプリントサービスなど、さまざまなアトラクションで楽しい一夜となった。 

     

    image

     

    image

     

    image

     

    image

     

    グリーンやピンク、パープルのカラーバリエーションの上で踊るのは、オランピア自身がフェルトで制作したというグレープやラディッシュ、ビーンズなどのキャラクターたち。

    会場では、人がそんな可愛いキャラたちと一体化できる映像も映し出され、終始ほのぼのしたムードだった。

    また、こちらも父であり著名なイラストレーターであるピエール氏描き下ろしのイラストがプリントや刺繍になって登場している。

    こちらのラインは、5月11日まで伊勢丹新宿店で開催されているコンセプトストア“THE POP by JUN”や、全国のAdam et Rope(アダム エ ロペ)11店舗で販売されているとのこと。

    可愛いにセクシーな要素もつまった独特の世界観、ぜひこの機会にオランピアのことをもっと好きになってみて。

     

     

     

    image

     

    image

     

     

    image

     

     

    ●OLYMPIA LE-TAN × DOVER STREET MARKET GINZA

    期間:4月25日まで(予定)

    住所:東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館 6F

    Tel:03-6228-5080

    ☆ちなみに、BIOTOPにも期間限定ショップがオープン中☆

    期間:5月6日まで

    住所:東京都港区白金台4-6-44

     

     

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

     

    Posted on Monday, April 14th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    エリーローズがDJプレイ、レッドヴァレンティノのお花見パーティ

    RED VALENTINO “HANAMI PARTY” feat. Van Cliffe.D (Elli-Rose)

     

    週末の青山で起こったのは、「RED VALENTINO」のお花見パーティ。

    パーティフォトはこちらから!

    http://the-styleinsight.com/post/82559679528

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Sunday, April 13th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    RED VALENTINO “HANAMI PARTY” feat. Van Cliffe.D (Elli-Rose)

    先日、RED VALENTINO 青山ブティックで“HANAMI PARTY”が開催された。

    美しくデコレーションされたネイチャーガーデンに登場したのは、「RED VALENTINO」の2014年秋冬コレクションとスペシャルディスプレイ。

    何やら外国人率が高い空間で、Van Cliffe.D (Elli-Rose)DJとカクテルに酔いしれた週末の一夜。

    その模様はこちらからチェック。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Yoko Kondo Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト) 

     

    Posted on Sunday, April 13th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    ブックマークで奇才のアーティスト、スティーブン・パワーズのイベント開催!
Stephen Powers Special Event at BOOKMARC
 

昨年秋に日本に上陸して以来、その新感覚の卓越したセレクトセンスであっという間に原宿のランドマーク的存在となった「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」が手がけるブックストア、「BOOKMARC(ブックマーク)」。
今回、そこでグラフィティアーティストのStephen Powers(スティーブン・パワーズ)の作品集『A LOVE LETTER TO THE CITY』のサイン会が4月18日に開催されることになった。
またサイン会当日には、同氏が日頃からスケッチに愛用しているペンに、今回のイベントのために新しくデザインしたグラフィックスがプリントされたものが7種類(各¥500・税抜)限定発売されるというサプライズ付き。
スティーブンは社会活動とパブリックアートを結びつけるべく、NYのブルックリン・シラキューズやフィラデルフィア、アイルランドのダブリン・ベルファスト、ブラジルのサンパウロ、そして南アフリカのヨハネスブルグといった世界各国でその町全体の希望や夢を象徴するようなビジュアルと、心のこもったメッセージを組み合わせたアートを創り出してきた経緯から、国際的なアートシーンでも高い注目を集める人物。
そんなスティーブンと、デザイナーのマーク自身のインスピレーション源がつまったクリエイティビティ溢れる「BOOKMARC」が織りなす夢のコラボレーション。
サイン会の前には、4月12日&13日の2日間にわたりスティーブンのライブ・ペインティングも開催されるそうなのでぜひお見逃しなく!

 

●Stephen Powers ライブ・ペインティング&サイン会
ライブ・ペインティング 4月12日&13日(各11:00〜予定)
サイン会        4月18日 19:00〜20:00
場所:BOOKMARC
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-14
Tel:03-5412-0351
☆Twitter / Instagramのハッシュタグもチェック☆
#TokyoLoveLetter #StephenPowers #Bookmarc
   
☆注意事項☆
・サインの対象は当日BOOKMARCにて『A LOVE LETTER TO THE CITY』を購入した方のみ。対象書籍以外へのサインはNG
・当日の混雑状況により、順番待ちが長くなる可能性あり
・天災など不測の事態により、イベントを中止する場合あり
  
●『A LOVE LETTER TO THE CITY』
作家:Stephen Powers
出版社:Princeton Architectural Press
価格:¥3,300(税抜)
2014年刊 / ペーパーバック / カラー



   

●問い合わせ先
マーク ジェイコブス カスタマーセンター
Tel:03-4335-1711
Mjj_customerservice@marcjacobs.com



  

URL:http://mjin.tl/bookmarctokyo
Facebook:fb.com/MarcJacobsJapan
Twitter:@MarcJacobsJapan
Instagram:@bookmarctokyo

 
 
 
Yoko Kondo / Fashion Jounalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    ブックマークで奇才のアーティスト、スティーブン・パワーズのイベント開催!

    Stephen Powers Special Event at BOOKMARC

     

    昨年秋に日本に上陸して以来、その新感覚の卓越したセレクトセンスであっという間に原宿のランドマーク的存在となった「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」が手がけるブックストア、「BOOKMARC(ブックマーク)」。

    今回、そこでグラフィティアーティストのStephen Powers(スティーブン・パワーズ)の作品集『A LOVE LETTER TO THE CITY』のサイン会が4月18日に開催されることになった。

    またサイン会当日には、同氏が日頃からスケッチに愛用しているペンに、今回のイベントのために新しくデザインしたグラフィックスがプリントされたものが7種類(各¥500・税抜)限定発売されるというサプライズ付き。

    スティーブンは社会活動とパブリックアートを結びつけるべく、NYのブルックリン・シラキューズやフィラデルフィア、アイルランドのダブリン・ベルファスト、ブラジルのサンパウロ、そして南アフリカのヨハネスブルグといった世界各国でその町全体の希望や夢を象徴するようなビジュアルと、心のこもったメッセージを組み合わせたアートを創り出してきた経緯から、国際的なアートシーンでも高い注目を集める人物。

    そんなスティーブンと、デザイナーのマーク自身のインスピレーション源がつまったクリエイティビティ溢れる「BOOKMARC」が織りなす夢のコラボレーション。

    サイン会の前には、4月12日&13日の2日間にわたりスティーブンのライブ・ペインティングも開催されるそうなのでぜひお見逃しなく!

     

    Stephen Powers ライブ・ペインティング&サイン会

    ライブ・ペインティング 4月12日&13日(各11:00〜予定)

    サイン会        4月18日 19:00〜20:00

    場所:BOOKMARC

    住所:東京都渋谷区神宮前4-26-14

    Tel:03-5412-0351

    ☆Twitter / Instagramのハッシュタグもチェック☆

    #TokyoLoveLetter #StephenPowers #Bookmarc

       

    ☆注意事項☆

    ・サインの対象は当日BOOKMARCにて『A LOVE LETTER TO THE CITY』を購入した方のみ。対象書籍以外へのサインはNG

    ・当日の混雑状況により、順番待ちが長くなる可能性あり

    ・天災など不測の事態により、イベントを中止する場合あり

      

    ●『A LOVE LETTER TO THE CITY』

    作家:Stephen Powers

    出版社:Princeton Architectural Press

    価格:¥3,300(税抜)

    2014年刊 / ペーパーバック / カラー

       

    ●問い合わせ先

    マーク ジェイコブス カスタマーセンター

    Tel:03-4335-1711

    Mjj_customerservice@marcjacobs.com

      

    URL:http://mjin.tl/bookmarctokyo

    Facebook:fb.com/MarcJacobsJapan

    Twitter:@MarcJacobsJapan

    Instagram:@bookmarctokyo

     

     

     

    Yoko Kondo / Fashion Jounalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Friday, April 11th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    ジバンシィ バイ リカルド ティッシの2014年春夏新作ジュエリー&バッグがモード信者に愛される理由
GIVENCHY BY RICCARDO TISCI : 2014 SS New Jewelry & The Obsedia Bag

 
モードラバー必見のジュエリー&バッグ選びは、まず「Givenchy by Riccardo Tisci(ジバンシィ バイ リカルド ティッシ)」から。
2014年春夏パリコレクションでも話題だった、トライバルテイストにアレンジを効かせた魅惑のジュエリー、そして大人気の“Obsedia(オブセディア)”から登場したニュー・タイプ共に見逃せないものばかり!
おすすめのラインナップはこちらからチェック。
↓
http://the-styleinsight.com/post/82368039936

 
Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    ジバンシィ バイ リカルド ティッシの2014年春夏新作ジュエリー&バッグがモード信者に愛される理由

    GIVENCHY BY RICCARDO TISCI : 2014 SS New Jewelry & The Obsedia Bag

     

    モードラバー必見のジュエリー&バッグ選びは、まず「Givenchy by Riccardo Tisci(ジバンシィ バイ リカルド ティッシ)」から。

    2014年春夏パリコレクションでも話題だった、トライバルテイストにアレンジを効かせた魅惑のジュエリー、そして大人気の“Obsedia(オブセディア)”から登場したニュー・タイプ共に見逃せないものばかり!

    おすすめのラインナップはこちらからチェック。

    http://the-styleinsight.com/post/82368039936

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Friday, April 11th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    GIVENCHY BY RICCARDO TISCI : 2014 SS New Jewelry & The Obsedia Bag

    2014年春夏コレクションでは、トライバルなムードに神秘的なビジューのマスクやジュエリーで独特の世界観を打ち出していた「Givenchy by Riccardo Tisci(ジバンシィ バイ リカルド ティッシ)」。  

    そこで気になったのは、目を見張るような凝った技巧のウェアだけでなく、モデルの美しいフェイスを彩るイヤリングやネックレスだって同じ。

     

    image

     

    image

    image

    今回Riccardo Tisci(リカルド・ティッシ)は、1960年代のユベール・ド・ジバンシィが手掛けたクチュールコレクションからインスピレーションを得てジュエリーの世界を再考した。

    特に気になるのは、マグネット式のセミ・プレシャスストーンのイヤリングをトライバルをイメージとしたピアスに見立てたこと。

    そして、同じくビジューが輝くネックレスもどこか特別な気分を感じさせながら、日常のワードローブにそっと溶け込むモダンな様相を醸し出している。

    普段のコーディネートに取り入れるなら、例えばプレ・スプリングで提案していたように、デニムやレザーに合わせてみるのもいいかもしれない。

     

    image

    image

    image

       

    ちなみに、今季のジュエリーはすべてハンドメイド。

    ネックレスにイヤリング、そしてブレスレットはエボニーまたはローズウッド、カルチャーパール、オニキス、オブシディアン、カラークリスタルといったまばゆい輝きと品をミックスしたもので、ラグジュリアスなマテリアルと繊細な色彩が最高にクールな形で融合されている。

    こちらで紹介しているジュエリーコレクションは、春から厳選されたスペシャリティストアやジバンシィのショップで発売中。

    ジュエリーはコーディネート全体の要。

    シンプルになりがちな春夏の装いに軽やかなスパイスを与え、かつモードな気分を気軽に取り入れるなら、これほどうってつけのジュエリーはないのでは?

     

    image

     

    それからもうひとつ注目したいのが、大人気のバッグシリーズ。

    なかでもおすすめは、2010年に誕生した“Obsedia(オブセディア)”! 

    “Obsedia”とは“Obsession=執着”と空を意味するギリシャ語の“Dia”が名前の由来になっているそうで、今シーズンはこのラインの拡張版となる新作が登場。

     

    image

    image

    image

     

    リカルド・ティッシのデザインなら間違いなくマスキュリンでありフェミニン、そしてインダストリアルでありながらジュエリーのような美しさを持ち合わせていることはいまさら言うまでもないことではあるものの、今回特徴的なのは、ふたつの新しいシェイプが発表されたこと。

    ひとつは、ホーボーでブランドのツイストが効いたショルダーバッグ。

    ロマンティックな花柄やロックマインド感じるスタッズ使い、それにノーブルかつ鮮やかなカラーリングなど、正直選ぶのに迷ってしまうそうなものばかりながら、3サイズ展開なので最も大きいタイプなら仕事用としてどこにでも持ち歩いたり、ミニサイズならイヴニングクラッチとしてパーティ用にアレンジするとか、斜めがけにして休日のプライベートに愛用するなど、シーンによって楽しみ方をセレクトしてみる方法もあり。

    そしてもうひとつは、クラシックデザインのフラップバッグ。

    こちらは取外しのできる長さ調整可能なショルダーストラップがついていて機能性はバツグン、また洗練されたタイムレスな美しさを放つデザインはずっと大切にしていたい、という想いに駆られるだろう。

    image

    image

     

    ジュエリーにしても、バッグにしても、遠くから見てもすぐに「ジバンシィ バイ リカルド ティッシ」とわかるこの存在感。

    『The STYLE INSIGHT』的モード信者なら、きっとこの魅力には抗えないはず。

     

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Friday, April 11th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    人気モデル松岡モナも登場、アディアム・ファッションショーの舞台裏
ADEAM 2014-15AW Collection Backstage Beauty in Tokyo

 
先日、東京ミッドタウンホールで開催された「ADEAM(アディアム)」の2014-15年秋冬コレクションショー。
そこで、『The STYLE INSIGHT』はバックステージにそそくさとお邪魔してきました!
思っていた以上にかなりリラックスモードな舞台裏で、松岡モナちゃんも相変わらずキュート。
そんなショー本番前の詳しい様子は下記にてご覧ください。 
http://the-styleinsight.com/post/82354436262

 

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    人気モデル松岡モナも登場、アディアム・ファッションショーの舞台裏

    ADEAM 2014-15AW Collection Backstage Beauty in Tokyo

     

    先日、東京ミッドタウンホールで開催された「ADEAM(アディアム)」の2014-15年秋冬コレクションショー。

    そこで、『The STYLE INSIGHT』はバックステージにそそくさとお邪魔してきました!

    思っていた以上にかなりリラックスモードな舞台裏で、松岡モナちゃんも相変わらずキュート。

    そんなショー本番前の詳しい様子は下記にてご覧ください。 

    http://the-styleinsight.com/post/82354436262

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Friday, April 11th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    ADEAM 2014-15AW Collection Backstage Beauty in Tokyo

    2014-15年秋冬コレクションは川端康成の小説『雪国』にインスパイアされたという、デザイナー前田華子が手がける「ADEAM(アディアム)」。

    先日東京ミッドタウンホールで開催されたショーも、雪が舞い散る様をランウェイに見立てた演出が幻想的だったけど、ここではバックステージの様子をご紹介。

    松岡モナなど日本の人気モデルも登場した、リラックスムード漂うショー直前の様子をチェックしてみて。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Friday, April 11th 2014, by My Worldwide Fashion Story

    H&Mの美しすぎるサスティナビリティ、古着回収1周年記念キャンペーンも開催中
H&M: Beautiful Conscious Party & Sustainability Initiatives

 
「H&M」から登場するサスティナビリティなライン、“CONSCIOUS COLLECTION”と“CONSCIOUS EXCLUSIVE”の新作ローンチをお祝いしたパーティへ潜入。
そこで見たものはエコなイメージを覆すほどファッション性が高く、細やかなディテールや素材に裏打ちされたアイテムばかり!
そしてただいま、お得な古着回収1周年キャンペーンも開催中。
詳細はこちら↓
http://the-styleinsight.com/post/82325908304/h-m-beautiful-conscious-party-sustainability

 

Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    H&Mの美しすぎるサスティナビリティ、古着回収1周年記念キャンペーンも開催中

    H&M: Beautiful Conscious Party & Sustainability Initiatives

     

    「H&M」から登場するサスティナビリティなライン、“CONSCIOUS COLLECTION”と“CONSCIOUS EXCLUSIVE”の新作ローンチをお祝いしたパーティへ潜入。

    そこで見たものはエコなイメージを覆すほどファッション性が高く、細やかなディテールや素材に裏打ちされたアイテムばかり!

    そしてただいま、お得な古着回収1周年キャンペーンも開催中。

    詳細はこちら↓

    http://the-styleinsight.com/post/82325908304/h-m-beautiful-conscious-party-sustainability

     

    Yoko Kondo / Fashion Journalist(近藤陽子/ファッションジャーナリスト)

    Posted on Friday, April 11th 2014, by My Worldwide Fashion Story